次世代・社会・環境のため、
そして地域のために、今、私たちにできること。

私たち公益社団法人全日本不動産協会は、災害対策、防犯活動、
施設への寄贈、難病の子供たちへの支援など様々な公益活動を率先して行っております。

  • '16.05 <大分県本部>
    平成28年度第5回全日本不動産協会杯争奪少年サッカー(ラビットカップ)

    平成28年度第5回全日本不動産協会杯争奪少年サッカー(ラビットカップ)が開催され盛会裏に終了しました。予選が5月21日・22日に大分市と別府市の各会場で行われ29日には大分市大在東グランドで決勝トーナメントが開催されました。予選は晴天に恵まれたものの決勝はあいにく雨の降り続くなか行われました。私たち大人の心配をよそに子供たちはずぶ濡れのままピッチを走りました。今回は大分県サッカー協会から感謝状もいただきうれしい限りです。来年度からは大分県内全地区が対象になる大分県大会になる予定です。

  • '15.05 <大分県本部>
    全日杯争奪少年サッカー大会(ラビットカップ)開催

    大分県本部は、青年部が中心となり、大分市サッカー協会及び中津市サッカー協会主催の少年サッカー大会に協賛し、第4回全日杯争奪少年サッカー大会(ラビットカップ)を5月23日・24日(予選)と、5月31日(決勝トーナメント)に開催しました。
    今年は大分市から29チーム、中津市から11チームが参加し熱戦を繰り広げました。雨が心配されましたが、3日間とも晴天に恵まれ、子供たちは暑さに負けずピッチを走り回りました。

    • ゴーーーーール
      優勝は大分市のブルーウイングFCでした。
    • 副賞のラビットTシャツを着た優勝チーム
      開会式、閉会式には石田大分県本部長が出席し、閉会式では優勝カップのほか後援事業者からの商品を授与しました。
    • 石田本部長による賞状の授与
      大分県本部は今後もラビットカップを継続し、青少年健全育成や文化・スポーツの振興に貢献していくとともに、公益社団法人を意識した地域活動をすすめていきます。
    あいさつ
    石田宣明 大分県本部長

    元気にピッチを走り回る子供たちに勇気をもらった。これからも応援したい。

  • '14.05 <大分県本部>
    全日杯争奪少年サッカー大会(ラビットカップ)を開催

    大分県本部は青年部が中心となり大分市サッカー協会主催の少年サッカー大会に協賛し、第3回全日杯争奪少年サッカー大会(ラビットカップ)を平成26年5月17日・24日・25日(予選リーグ戦)、31日(決勝トーナメント戦)に開催しました。今年は大分市から37チーム、中津市から9チームが参加し熱戦を繰り広げました。晴天にも恵まれ子供たちは汗まみれでピッチを走り回りました。優勝は由布川サッカースポーツ少年団でした。

    開会式、閉会式には池田大分県本部長が出席し閉会式では優勝カップのほか後援事業者からの賞品を授与しました。