次世代・社会・環境のため、
そして地域のために、今、私たちにできること。

私たち公益社団法人全日本不動産協会は、災害対策、防犯活動、
施設への寄贈、難病の子供たちへの支援など様々な公益活動を率先して行っております。

  • '17.07 <京都府本部>
    祇園祭団扇配り

    祇園祭(前祭)の宵山、7月16日(日)に四条通・歩行者天国において、坊本部長をはじめ役職員が揃いの赤い法被を着て、毎年恒例となっている「全日広報団扇配り」を行いました。表には可愛いいうさぎ一家のイラスト、裏には前祭りと後祭り両方の山鉾配置・巡行コース図をデザインした団扇を配布し、自分からもらいに来る人も多く大変喜ばれました。
    直前に雨が降ったため、残念ながら昨年大人気でした全日マスコット「ラビーちゃん」の出番はありませんでしたが、それでも四条通は大勢の観光客や見物客で埋まりましたので、用意した1千本の団扇もまたたく間になくなり、「全日」を大いにアピールすることができました。

  • '17.03 <京都府本部>
    京都府本部 京(みやこ)・輝き隊による違反広告物の除却活動

    京都府本部では、平成17年度から京都市の呼びかけに応じて、全日「京(みやこ)・輝き隊」を結成し、毎年、全日京都会館周辺区域における違反広告物の除却活動を実施しています。
    3月27日(月)に坊本部長をはじめとする役職員11名が繁華街の電柱のはり紙や立て看板等の違反広告物の調査・除却を行いました。

  • '16.10 <京都府本部>
    不動産開業支援セミナー開催

    平成28年10月30日(日)、メルパルク京都において「不動産開業支援セミナー」を開催致しました。不動産業界で働いている方、不動産業を起業・兼業をお考えの方を募り、9名が受講されました。
    参加者のアンケート結果によると、セミナー内容について高い評価を得ることができ有意義なセミナーとなりました。

  • '16.07 <京都府本部>
    祇園祭団扇配り

    祇園祭・前祭の宵山、7月16日(土)に四条通の歩行者天国において、坊本部長をはじめ役職員が揃いの赤い法被を着て、毎年恒例となっている「全日広報団扇配り」を行いました。
    表には可愛いいうさぎ一家のイラスト、裏には前祭りと後祭り両方の山鉾配置・巡行コース図をデザインした団扇を祇園祭の見物客や観光客に配布し、大変喜ばれました。天候にも恵まれ、四条通は大変な賑わいでしたので、用意した団扇はまたたく間になくなりました。
    また、全日マスコットキャラクターの「ラビーちゃん」も登場しました。ラビーちゃんの周りには子供たちをはじめ多くの人が集まり、写真を撮ったり、握手を求めたりと大人気でした。祇園祭を通して「全日」を大いにアピールすることができました。

  • '15.09 <京都府本部>
    「SKYふれあいフェスティバル2015」における不動産無料相談会の開催について

    「SKYふれあいフェスティバル2015」が9月19日(土)・20日(日)の2日間にわたって伏見区の京都パルスプラザにて開催されました。SKYフェスティバルは京都府・京都市が出資する公益財団法人京都SKYセンターの主催による高齢者の健康・生きがいづくりを目的としたイベントです。毎年、会場の大展示場では遊・学・食その他さまざまな分野・地域の活動団体がそれぞれのブースやステージを設けて、来場者と一緒にワークショップなどを展開します。
    全日京都府本部は今年もこの催しにブース参加し、「出張無料相談会」を開催して相談員が来場者の不動産に関する相談に応じるとともに、全日広報ポスターを展示し、来場される多数の方々に「うさぎのマークの全日」を知ってもらう取組を行いました。
    また、全日ブースにはマスコットキャラクター「ラビーちゃん」も登場し、大人気でした。ラビーちゃんの周りには子ども達やお年寄りなどたくさんの人達が集まって、握手を求めたり一緒に写真を撮ったりしました。
    この催しへの参加を通じて、一般参加者の不動産業に対する理解を深めてもらうと同時に、「全日」をアピールすることができました。

  • '14.11 <京都府本部>
    不動産に関する消費者講座&無料相談会

    平成26年11月8日(土)、京都市男女共同参画センター・ウイングス京都において、「不動産に関する消費者講座&無料相談会」をNPO法人京都消費生活有資格者の会及び京都府消費生活安全センターとの共催で実施しました。
    第1部<不動産に関する消費者講座>では、「平成26年度税制改正後の相続税・贈与税のあらまし」と題し、当本部顧問税理士が税制の主な改正点について講義し、続いて、顧問弁護士、当本部不動産相談委員会の相談員が「民法改正の動きと不動産の売買・賃貸借への影響」について、難しいと思われがちな民法を、対話形式により、楽しくわかりやすく解説しました。
    第2部<不動産に関する無料相談会>では、参加者から不動産取引に関する質問が出され、顧問弁護士と相談員が丁寧にお答えしました。
    当日は、消費者団体の会員と一般消費者を含め19名の方々のご参加をいただき、有意義な催しとなりました。

  • '14.09 <京都府本部>
    危険ドラッグ販売店の取締に関する京都府警察本部等からの協力依頼文書交付式

    平成26年9月3日、京都府警本部本館において全日京都府本部長と京都宅建会長に対して、府警本部組織犯罪対策第三課長及び京都府薬務課長連名の協力依頼文書が交付されました。この様子は、NHKテレビニュースや新聞を通じ大きく報道されました。
    これは、近年、危険ドラッグが全国的に社会問題となっていることから、危険ドラッグを販売する店舗を取り締まることによって供給の遮断や販売自粛につなげる取組の一環として、不動産関係両団体に対して協力依頼があったものです。
    府警本部等からの依頼内容は以下のとおりであり、当本部では全会員に対し周知し、協力要請を行いました。

  • '14.07 <京都府本部>
    祇園祭団扇配り

    祇園祭の山鉾巡行は、元々前祭(さきまつり)と後祭(あとまつり)に分けて行われていました。それが昭和41年に統合され7月17日のみの巡行となっていましたが、今回およそ50年ぶりに元の姿に復活しました。
    その前祭の宵山、平成26年7月16日(水)に四条通の歩行者天国において、毎年恒例となっている「うさぎマーク(表)と山鉾位置図(裏)入りの団扇」配りを行いました。
    天候にも恵まれ、四条通にはたくさんの観光客・見物客が詰めかけて大変な賑わいでしたので、用意した1千本の団扇もまたたく間になくなりました。
    そして、今年は総本部で作成された着ぐるみの「ラビーちゃん」にも登場してもらいましたが、これがまた大人気!!
    ラビーちゃんの周りには子ども達や若い女性グループなどたくさんの人達が集まって、握手を求めたり一緒に写真を撮ったりしました。
    団扇を配り終えた後もラビーちゃん人気は収まらず、四条通に人だかりができて警備の人が心配するほどでした。
    ラビーちゃん使用第1号ということで不安もありましたが、予想以上の人気で、全日のアピールとしても大成功でした。

  • '13.11 <京都府本部>
    「不動産に関する消費者講座&無料相談会」開催

    11月30日(土)、京都市男女共同参画センター・ウイングス京都において、「不動産に関する消費者講座&無料相談会」をNPO法人京都消費生活有資格者の会及び京都府消費生活安全センターとの共催で実施しました。
    第1部<不動産に関する消費者講座>では、当本部不動産相談委員会の2名の相談員が「不動産広告のかしこい見方」についてユーモアあふれるやりとりをし、続いて、顧問弁護士、消費生活有資格者の会役員そして当本部不動産相談委員会相談員の3名が「不動産を買うとき売るとき借りるときの注意点」と題して、それぞれの立場から意見を述べ合って講座を進めました。
    第2部<不動産に関する無料相談会>では、会場の参加者から不動産取引に関する多くの質問が出され、顧問弁護士と相談員から丁寧にお答えしました。参加者からは次々と手が挙がり、非常に活気のある相談会になりました。また、個別の相談をご希望の方には別室を用意し、相談員2名が対応しました。
    当日は、消費者団体の会員と一般消費者を含め41名の方々のご参加をいただき、昨年に引き続き熱気あふれる催しとなりました。

  • '13.09 <京都府本部>
    「SKYふれあいフェスティバル」における不動産無料相談会の開催

    「SKYふれあいフェスティバル」は、京都府・京都市が出資する公益財団法人京都SKYセンターの主催により毎年9月に2日間にわたって開催され、高齢者の健康・生きがいづくりを主目的として、床面積5千屬梁臈玄┥譴砲いて遊・学・食その他さまざまな分野・地域の多様な活動団体がそれぞれのコーナー(ブース)やステージを設けて、大勢の来場者と一緒にワークショップなどを展開する催しです。
    全日京都府本部は昨年度からこの催しに参加し、新たに制作した大型の全日広報パネル4枚を展示して、来場される多数の人達に「うさぎマークの全日」を知ってもらうとともに、「出張無料相談会」を開催して、相談員が来場者の不動産に関する幅広い相談に応じたところです。この催しへの参加を通じて、一般消費者の不動産業に対する理解を深めてもらうと同時に、「全日」の存在感を高めることができました。

  • '13.07 <京都府本部>
    「祇園祭団扇配り」

    祇園祭宵山の7月16日、四条通柳馬場交差点付近で毎年恒例となっている「うさぎマークと山鉾位置図入りの団扇」配りを行いました。
    非常に暑い一日となりましたが、歩行者天国は大変なにぎわいで、30分ほどで1000本の団扇を配り終えました。

  • '12.10 <京都府本部>
    「不動産の相続に関する講座と無料相談会」

    10月28日(日)、京都市男女共同参画センター・ウイングス京都において、「不動産の相続に関する講座と無料相談会」を昨年同様NPO法人京都消費生活有資格者の会及び京都府消費生活安全センターとの共催で行いました。
    第1部<不動産の相続に関する講座>では、講師として顧問弁護士、顧問税理士そして司法書士の三者が対話形式で、相続に関する法律問題や税金、手続についてわかりやすくお話しいただきました。
    第2部<不動産に関する無料相談会>では、会場の参加者から相続や不動産取引に関する質問が出され、講師の先生方と相談員が丁寧にお答えしました。参加者からは次々と手が挙がり、非常に活気のある相談会になりました。また、個別の相談をご希望の方には別室を用意し、相談員が対応しました。
    当日はあいにくの空模様になりましたが、消費者団体の会員と一般消費者を含め39名の方々のご参加をいただき、熱気あふれる催しとなりました。

  • '11.11 <京都府本部>
    「不動産に関する消費者講座&無料相談会」開催

    平成23年11月26日(土)に全日京都会館の近くにあります京都市の施設を借りて、NPO法人京都消費生活有資格者の会及び京都府消費生活安全センターとの共催で標記の催しを行いました。当日は天候にも恵まれ、消費者団体の会員と一般消費者を含め40名の方々の参加をいただき、まず第1部<不動産に関する消費者講座>では、当本部不動産相談委員会の二名の相談員から「不動産広告のかしこい見方」や「不動産を買うとき借りるときの注意点」について、また顧問弁護士から「不動産取引と消費者契約法の関わり」について、それぞれ40分程度話をいたしました。
    そのあと第2部<不動産無料相談会>に移り、会場の参加者から不動産取引に関する一般的な質問や自分自身に関わる個別の相談などを出してもらい、4名の相談員と顧問弁護士から丁寧にお答えしました。最初は静かな出だしでしたが、しばらくすると次々と手が挙がって相談員や顧問弁護士と参加者との間で活発なやり取りが行われるようになりました。ただ特定の業者とのトラブルなどに関することで、会場では不都合な相談については、別室を用意してそこで相談員が対応することにしました。
    予定していた終了時間を大幅に超過するほど熱心に質問・相談が相次ぐ状況で、主として企画・準備に当たった当本部はもとより、共催団体の方々もこの日の催しが成功裏に終わったことを大変喜んでいただきました。この共催事業は、不動産無料相談事業の公益性を一層高めていくために、当会館で無料相談を受けるだけでなく、こちらから一般消費者に働きかけて、消費者の安心・安全な住まいさがしを支援するとともに、不動産業に対する理解を深めてもらうことがねらいですので、来年度以降も事業内容に工夫をこらしながら継続していきたいと考えております。

  • '10.11 <京都府本部>
    京(みやこ)かがやき隊−京都の町を美しく−

    11月10日、四条河原町周辺区域にて京都府本部「京(みやこ)かがやき隊」登録メンバー14名が路上違反広告物の除去活動を行いました。
    毎年恒例となっているこの事業で、年々まちにある違法広告物が少なくなってきている事を実感し、今後もこのボランティア活動の継続を予定しています。

  • 2009〜2010年 <京都府本部>
    不動産無料相談会の開催

    平成21年度から消費者のための無料相談会は毎月第1〜4火曜日に拡充し、毎回、不動産相談相談委員4〜6名が消費者の来所相談や電話相談に対応しました。相談を受けた案件については、必要に応じ、関係の会員業者から事情を聴取して指導助言を行い、あるいは当事者間での話し合いの場を設定するなどして、すみやかに問題解決が図れるよう努めました。

  • 2009〜2010年 <京都府本部>
    不動産不当表示広告排除活動への参加

    不動産に関する不当な広告表示は、多くの場合一般消費者の苦情や紛争の原因となり、不動産取引の信頼を著しく損なう結果を招きます。このため、不動産関係団体等で構成する(社)近畿地区不動産公正取引協議会は、毎年、公正取引委員会等関係行政庁、消費者団体、マスコミ等と共同して「官民合同不動産広告実態調査」を実施し、不当表示広告の排除と違反業者の指導をしています。京都府本部も毎年この実態調査に参加して不当表示広告の一掃も努めており、公正取引委員会の役員を中心に平成21年度は下記の活動を実施しました。
    平成21年9月28日 官民合同不動産広告実態調査事前審査会
    平成21年11月5日 官民合同不動産広告実態調査
    平成22年2月5日 賃貸物件公告実態調査事前審査会
    平成22年3月4日 賃貸物件公告実態調査

  • 2009〜2010年 <京都府本部>
    社会一般に対する広報啓発活動

    社会一般に対して不動産業及び不動産取引に関する不動産取引に関する知識を広め、正しい理解を得るとともに、協会の存在を広く周知させて社会的信用を高めるために広報啓発活動を行いました。
    ○協会・近畿流通センター名表示団扇の配布
      祗園祭山鉾巡行参観者を対象に、7/16祗園祭宵山、中京区四条柳馬場周辺で約2千本配布しました。
    ○不動産無料相談会及び開業相談会に案内広告を京都新聞に毎月1回広報掲載し、ホームページなどにも不動産無料相談日を公開しました。

  • '09.3/16 <京都府本部>
    NPO法人消費生活有資格者との懇談会開催

    最近の不動産業界の動向や取引上の問題点等について率直な意見交換をすることによって消費者の視点に立った事業活動や業務運営のあり方について認識を深めました。

  • '08.10/10 <京都府本部>
    繁華街の違法広告物の除却活動

    平成17年度から京都市の呼びかけに応じて、全日「京(みやこ)・輝き隊」を結成し、全日京都会館周辺区域における違反広告物の除却活動を実施しており、10月10日に繁華街の電柱のはり紙や立て看板等を調査し、違反広告物の除却を行いました。

  • '08.3/24 <京都府本部>
    「あんしん賃貸支援事業実施協定書」締結

    地域社会の中で自立した日常生活を営むことができる高齢者、障害者、外国人及び子育て世帯が賃貸住宅へ円滑に入居できるよう支援する事業に協力することとし、当本部会員3社が「あんしん賃貸住宅協力店」に登録されました。

  • 2008年 <京都府本部>
    不動産無料相談会の開催

    消費者のための無料相談会は毎月第1・3火曜日、年間22回開催。不動産取引に関するさまざまな相談を受け、関係する会員事業者に助言し、公正な取引の推進と消費者の信頼確保に努めた。相談会開催については京都新聞に毎月1回広報しています。