次世代・社会・環境・環境のため、
そして地域のために、今、私たちにできること。

私たち公益社団法人全日本不動産協会は、災害対策、防犯活動、
施設への寄贈、難病の子供たちへの支援など様々な公益活動を率先しております。

  • '15.04 <近畿流通センター>
    流通センター社会福祉貢献事業

    近畿流通センター総務財務部の事業として、平成23年度から毎年実施している社会福祉貢献事業は、平成26年度は社会福祉法人奈良県社会福祉協議会へ300,000円を寄付いたしました。贈呈式は平成27年2月20日(金)奈良県本部事務局において、当センターから坂本運営委員長、奈良県本部を代表して梅原本部長が出席し、執り行われました。

  • '14.12 <近畿流通センター>
    全日近畿・不動産フォーラム2014 in HYOGO開催

    近畿流通センターでは、今回で2回目を迎える全日近畿・不動産フォーラムを、平成26年11月2日(日)、神戸市中央区の「神戸新聞/松方ホール」において開催いたしました。
    第1部の講演会では、桂楽珍氏と、神戸市在住の桂文珍氏が、ご自身の阪神淡路大震災での被災体験を語って聞かせるとともに、古典落語を御披露いただきました。
    第2部のパネルディスカッションでは、メインテーマ『阪神淡路大震災から20年、市民目線で考える地域の活性化』に沿って、「〜阪神淡路大震災からの復興過程に学ぶ地方創生〜元気な街、企業、地域を創るために」と題し、専門家としてではなく、市民目線で見直してみることで、新たに生まれる活性化のアイデアを掘り起こす狙いでディスカッションを行いました。

  • '14.03 <近畿流通センター>
    流通センター社会福祉貢献事業

    近畿流通センターが、平成23年度から実施している社会福祉貢献事業の一環として、平成25年度は、京都府へ30万円の寄付金を贈呈いたしました。贈呈式は、平成26年2月6日(木)全日京都会館にて執り行われ、流通センターから坂本運営委員長、京都府本部から坊本部長が出席し、京都府から健康福祉部健康福祉総務課の山本哲司課長が来られ、滞りなく無事終了いたしました。

  • '13.03 <近畿流通センター>
    兵庫県児童養護連絡協議会へ寄付金贈呈

    近畿流通センターが昨年度から行っている寄付事業として、兵庫県児童養護連絡協議会に対する寄付金の贈呈式を3月5日兵庫県本部会館にて行いました。本事業は毎年継続していくとしており、近畿2府4県の持ち回りでそれぞれの地域に必要な支援を行うという趣旨です。
    兵庫県本部には、同協議会の吉田会長様及び淡路の養護施設、聖智学園三浦副施設長がお見えになり、養護施設の運営や子供たちの様子などをお話頂きました。その後、寄付金目録の贈呈と感謝状を拝受し、今後の支援をお約束させて頂きました。

  • '12.11 <近畿流通センター>
    全日近畿・不動産フォーラム 2012 in OSAKA
    巨大災害に備える住宅の防災〜今なら間に合う!?我が家の防災対策!!〜

    全日近畿・不動産フォーラム2012 in Osaka

    【日時】2012年11月18日(日)11:00〜17:00
    【会場】大阪市中央区大手前1-7-31大阪マーチャンダイズマート
    【主催】全日本不動産近畿流通センター

    平成24年11月18日に「全日近畿・不動産フォーラム」を開催致しました。
    今回のシンポジウムのテーマとして「大阪発・実効性ある住宅防災対策のスキーム…不動産業者が開拓する防災ビジネスの新市場」を掲げました。近い将来予想される東南海地震や、上町断層など活断層による都市直下型地震から想定される甚大な被害に対する備えとして、行政を中心にあらゆる分野で対応が急がれている防災対策。我々不動産業界においても当事者意識を強く持たなければなりません。住宅等の高耐震化の促進や、有事の際に効果的なコミュニティの構築などを実現するための手法を研究し、防災ビジネスという新たな市場を開拓して、不動産業者がその主導的な役割を果たして行かんとするものです。

    プログラムでは、都市減災戦略、防火避難計画、防犯環境設計分野の権威、関西学院大学総合政策学部教授 室﨑益輝氏に基調講演、パネルディスカッション、懸賞論文講評を行い、同時催行で出展企業の展示会、セミナー、物産展等を設営致しました。
    本フォーラムの開催に際し、ご協力ご協賛賜りました団体各位様、協賛企業様、御来場いただきました皆様方へ深く感謝申し上げます。

    • ※ご協力ありがとうございました。